サイトナビゲーション:

CSR
CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

設備に係る環境保全コスト

当社では、2017年度も引き続き、温室効果ガスやVOCの排出削減などさまざまな対策を実行することで、環境負荷の低減に努めています。

↓この表は右から左へスクロールが可能です

■2017年度環境関連設備への投資と効果(2017年4月~2018年3月)
主な目的 投資項目 投資額(千円) 環境保護効果の
内容
投資効果の定量評価、
または環境負荷削減量
(物量単位)
設備投資 営業費用
地球温暖化防止(省エネ対策含む) 長岡鉱場(越路原発電所)
ガスタービン圧縮機洗浄
- 304 洗浄後は出力アップすることから定期的(1ヶ月毎)に洗浄を実施 洗浄前と比較し、GT出力約1,200kWの増加。
1ヵ月間で原油換算31.2kL、年間で374kL削減効果。
千葉鉱場
水中モータポンプ機種変更
144,324 - 坑井生産能力に合わせ、高効率および長寿命のESPに変更することで電力削減につなげる。(2017年からの継続工事) 投資金額は2018年工事予算
柏崎鉄工場
省エネ設備の導入(照明設備)
159 - 旧整備工場建替工事に伴い、照明器具をLEDに変更 消費電力が75%削減
直江津LNG基地ベントガスの燃焼放散塔への切り替え接続口工事 98,130 - 直江津LNG基地ベントガスの燃焼放散塔への切り替えによるメタンガス等の放出抑制 定量不能
長岡鉱場(越路原プラント)
圧縮機ベッセルドレンライン変更工事
14,660 - 圧縮機ベッセル内の液体払いをオープンドレンからクローズドシステムに変更、炭化水素の大気放出量削減 サクションスクラバー払い頻度 6回/日
1回の放出量は≒5L
年間放出量10.95m3放出削減
千葉鉱場
第1ガスプラントグライコールポンプ入替(ガス駆動→電動式)
6,500 - 既存設備をパッケージ型発電機に更新することにより、使用電力を削減 定量不能
技術研究所
GHP空調室外機点検
- 447 ガスコンプレッサー駆動用ガスエンジン起動にエアコンプレッサーからの高圧エアを使用することにより、炭化水素ガスの漏出、放散を無くす 年間約500Nm3/年の放散ガス(CH4)削減
長岡鉱場(越路原発電所)
エアーコンプレッサの省エネ運転方法への変更
- - 省エネ運転モードにすることで消費電力削減を図る 省エネ運転モードにすることで年間約146,000kWhの削減
長岡鉱場(越路原発電所)
ガスタービン低負荷時の出力変更
- - ボイラー昇温・昇圧時のガスタービン出力を、5MWから9MWに変更することで送電量が増加 2018年1月から出力変更を実施したが月平均800,000kWh送電量増加
小計 263,773 751    
大気汚染保全 長岡鉱場(親沢プラント)
排ガス中不純物吸着剤入替
- 15,185 排ガス中不純物除去装置吸着剤の性能低下により、入れ替えを実施 定量不能
長岡鉱場(越路原プラント)
Tr-A/B 排ガス不純物吸着剤入替
- 27,770 排ガス中不純物除去装置吸着剤の性能低下により、入れ替えを実施 定量不能
南阿賀鉱場
南阿賀第一プラント脱硫剤入替工事
- 7,300 ガス中の硫化水素を除去している脱硫装置内の脱硫剤(亜硝酸溶液)の性能低下により脱硫剤の入れ替えを実施 定量不能
南阿賀鉱場
大関プラントガスエンジン点検工事
- 6,000 H29.6月に圧入Pのガスエンジンがトップホールの推奨時間(12,000hr)に到達するため点検を実施。排ガスによる公害防止のため。 定量不能
小計 - 56,255    
土壌・地下水環境保全 秋田鉱場(八橋プラント)
圧入ライン敷設工事
23,200 - 随伴水の圧入井変更に伴う圧入ライン設置 定量不能
秋田鉱場
廃止鉱山環境対応工事
18,000 - 廃止鉱山の管理(道路・側溝等の整備) 定量不能
小計 41,200 0    
水質保全 直江津LNG基地
危険物2号岸壁埋設配管の健全性確認調査
- 3,000 危険物2号岸壁部設置の埋設配管を掘開し外面腐食状況の健全性を確認 定量不能
小計 0 3,000    
投資総計 304,973 60,006    
総計 364,979    
バックナンバー

設備に係る環境保全コスト(2016年度版)

設備に係る環境保全コスト(2015年度版)

設備に係る環境保全コスト(2014年度版)

設備に係る環境保全コスト(2013年度版)

設備に係る環境保全コスト(2012年度版)

設備に係る環境保全コスト(2011年度版)

設備に係る環境保全コスト(2010年度版)

弊社のCSR活動に関するご意見・ご感想はこちら

このページのトップへ