事業案内

日本国内における活動

国内最大級である新潟県の南長岡ガス田を中心に石油・天然ガスプロジェクトを進めるとともに、天然ガスパイプライン及びLNG受入基地のオペレーションを行っています。
また、富山ラインの建設工事は2016年6月に完了し、国内に約1,500kmの天然ガスパイプラインネットワークを保有しています。

再生可能エネルギー

気候変動へ適切に対応し、長期的な再生可能エネルギー需要の増加に応えるため、再生可能エネルギー事業への参入を加速しています。石油・天然ガス上流事業とのシナジーがあり、すでに推進している地熱発電事業に加え、風力発電事業などへの参入拡大を図り、長期的にポートフォリオの1割を再生可能エネルギー事業とすることを目指します。
合わせて、脱炭素化技術として電気-水素-メタンのバリューチェーンの構築に資する技術の研究開発にも取り組んでいます。

技術力の強化

「技術ロードマップ2018」

技術ロードマップ2018

今までの石油・天然ガスの探鉱・開発事業で培われたコア技術をさらに得意技術に育てていきます。そして既存事業で現在直面している技術課題や、未来の多様化するエネルギー社会を見据えた新技術分野にチャレンジする事で、総合的な技術力の強化を図っていきます。